みかん

「ニノさんなら、使うかなあと思って。」と、建築関係の会社に勤めるJちゃんが連絡をくれました。それは、使い込まれた木の感じや錆びた金具がたまらない「みかん」の木箱。「欲しい!欲しい!」と2つ返事で頂きました。それも欲張って5個も。

それから1年余り、クローゼットの中の仕切り棚として、また、旦那さんの木工用具入れとして使ってきました。見た目の雰囲気が良いだけでなく、作りが丈夫なのでとっても重宝しています。

今月末のShizuoka x Cannes 2012出展に向けて、satokoさんと打ち合わせを重ねていているここ最近。作品のラインナップに加え、ブース作りにも重点を置いて意見を出し合っています。ブースの印象を大きく左右する什器選びもその1つ。そんな中、思い浮かんだアイディアが↑のみかん箱。いくつかを重ねてテーブルの様に使おうかと。

「みかん」の文字をサンダーで削って、オイルステインでペイント。簡単リメイクながら重厚な雰囲気に仕上がりました。なかなかいいんじゃないでしょうか、と自分自身でご満悦。

ランダムに重ねてオープン棚風に使うのもいいかも、とはsatokoさん。いつもながらのNice idea!! 他にも、良い案が出ていて、最終的には当日にブースを作りながら全体の様子を見て決めようということになりました。

さて、このみかん箱はどんな形で活かされるのでしょうか?未知の部分を残して当日に臨むのもドキドキ楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です