リース展示会のご案内

リースの展示会のご案内です。

今年もFossetさんにてお世話になります。水引の作家さんとの2人展です。水引のアクセサリーとは興味深々。Fossetさんが作って下さったDМのお写真を拝見するにつけ、その繊細な様子に今から実物を拝見するのを出展者でありながら楽しみにしている私です。期間中は美味しいお菓子も色々と並ぶそうです。

年末にリースの展示をさせていただくようになって今年で6年目。Fossetさんに「今年もNINOさんのリースの展示はありますか?」とお問合せくださるお客様がいらっしゃるそうで本当に有難く思っております。楽しみに待ってくださるかたの存在がどれだけ制作の励みになっていることか。

また、世の中には沢山の作家さんがいる中で、変わらず私にお声をかけてくださるFossetさんにも感謝しております。

こうした感謝の気持ちと、リースの素材である植物(自然の造形)に対する敬意、また自分自身の制作に対する真摯な姿勢を忘れず、丁寧な作品を生み出すことを心掛けて制作しています。

今週末28日(土)~12月20日(日)までの開催です。ご都合よろしければお運び頂けましたら幸いです。

植物+古いモノ

ふと閃いて、リースのアイディアが!

「植物+古いモノ」


新しいアイディアに自分でもワクワク♪

私が好きで集めた古いモノ、時を重ねてきたからこそ醸し出す雰囲気と植物はきっと相性が良いはず!

古いモノを組み合わせる作風はsatosatosaの制作でも続けてきた得意分野!

早速、チェストの引き出しに大切にしまってあったアレコレを出してきて、どんな植物に組み合わせようか楽しい妄想を繰り広げる。

そうして出来上がった「植物+古いモノ」シリーズ第一作品。

ハハコグサ+陶器製の鳩の置き物

繊細なリースに平和の象徴、白い鳩の羽ばたき🕊
小さな小さなハハコグサの花をぎっしりと詰めました。

ドアに掛けた時の様子。小さなサイズですが意外と存在感があります。

こちらもハハコグサのリース。中央に真鍮の鐘をつるして。穏やかな日々を願う。


パンパスグラス+木彫りの鹿(made in Kenya)

熱帯のアフリカからやってきた鹿が冬景色のなかに佇む。

直径約30cm 大きめのサイズです。

ガラスランプシェードの温かな光とも良く合う、植物+古いモノシリーズのリース。

繋がっている!?

ビビッドな色彩の組み合わせと、静かな同じ色調の重なり。

リース作りで植物の色彩や造形から学ぶ感覚は、確実にsatosatosaの創造に生かされている。またその逆もしかり。別々のことをしているようでも、実は全て繋がっている。

+

先日、↑の画像と文章をsatosatosaのインスタグラムに投稿した。

その翌日に作ったお弁当↓

朝、キッチンに置いてあったこのお弁当を見た旦那さんが、「なんかリースみたいに見えるね。」と言ってきた。

思いがけない感想だったけど、前日にインスタに投稿した内容とシンクロしている気がして笑ってしまった。

おかずの色合いを考えながら丸いお弁当箱に配置して出来上がったお弁当。自分では無意識であるけれど、客観的に人から見れば私が作るリースと同じような印象に映るのかな?(笑)

丁寧に形にしたい

ユーカリの葉をベースにしたリース。爽やかな香りが漂う。

枝や葉の自然な動きの美しさを生かして。

豊次郎さんのお庭からお裾分け頂いたユーカリを使ったリース2点。

これらリースに使ったユーカリは、奥さんのトシエさんが冷たい雨が降る日にカッパを着て枝を切ってくれたもの。その時の光景を思い出すにつけ、大切に使って丁寧に形にしていきたいと思うのです。

今年もリース作り始まりました。

先日、公園で拾い集めたどんぐりを使って、どんぐリースの出来上がり~♪

こちらは、紫陽花、ユーカリ、木の実をたっぷり使ったリース。

毎年この時期恒例のリース作り。素材となる木の実を集めながら、秋の空気を肌で感じ、自然の恵みや造形美を愛で、目には見えないけれど自分の体に確かに吸収したものを、リースという形に変えて生み出したい。

ガラスランプシェードを納品しています。

ガラスランプシェードに関するお知らせです。こちらの2点をスノードールさんに納品しています。

ガラスの模様がどちらもとても美しく、明かりを灯すと良い雰囲気です。

私自身も、アトリエの照明に同じタイプを使っています。小さなサイズなので、複数個をランダムに吊るして使っています。

もう1件、同タイプのランプシェードを使ってくださっている空間のご紹介をさせていただきます。実際に使われた際のイメージのご参考になりましたら幸いです。

こちらは静岡市葵区鷹匠にありますフォーションさんの事務所です。

コンクリートむき出しの天井、白い壁に無垢の家具や床、クールと温かさのバランスにオーナーさんのセンスが伝わってきます。素敵な空間に、NINOのガラスランプシェードの明かりが彩を添えさせてもらえて嬉しいです。

スノードールさんにお買い物に行かれる際には、NINOのランプシェードもご覧いただけましたら幸いです。また、同じタイプの受注生産で通販も承ります。コードの長さや色、ソケットの色などご希望に応じてお作りすることも可能です。nino60c@yahoo.co.jpまでお気軽にお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。

どんぐリースのお直し

以前の投稿でもご紹介しましたソンミ食堂さんの看板娘として可愛がってもらっているどんぐリースが、イベント出店時の強風で倒れたカウンターの下敷きになって破損してしまったとのこと。

↑破損した当日に「修理出来ますか?」とソンミさんから届いた画像。

既に6年もの長きにわたって使っていただいているのに、こんな事態になっても修理してまた使っていただけるなんて、作家として本当に有難いことです。謹んで承ります。

取れてしまったどんぐりを取り付け直し、もろくなっていた葉っぱを新調。この葉っぱはプリザーブド加工されたものなので、経年変化がゆっくり。これでまた今後とも長くお使いいただけると思います!

「招き猫ならぬ、招きリスなんですよー。」とソンミさん。店頭に飾っていただいているどんぐリースがお客様の目に留まって、大人も子供も興味津々で寄ってきてくださるのだとか。有難いなあ。美味しいお料理を皆さんに提供するソンミ食堂さんの店頭でどんぐリースが沢山の人の目に触れる機会を頂き感謝です。

オーダーの長財布

先日納品が完了しましたオーダーの長財布です。

お財布本体に使いましたシルバーの革は、色の濃淡がありザラザラとした質感がユニーク。少しメタリックな雰囲気もあり全体はクールな印象ですが、エメラルドグリーンのタッセルで柔らかな雰囲気がプラスされました。

内側はタッセルに使ったものと同じエメラルドグリーンの革をベースに、ワンポイントで本体と同じシルバーの革を使っています。

色合わせのセンスがとても素敵なこちらの財布、制作を依頼してくれたのは高校時代からの友人です。離れた場所からわざわざ声をかけてくれて、納品まで随分時間がかかってしまったにも関わらず「納品予定時期がちょうど誕生日だから、自分へのプレゼントにするよ。」と、良い方向から捉えたメッセージ。感謝の気持ちを込め丁寧に作りました。出来上がりを喜んでもらえて有難かったです。Sちゃんこの度はご依頼ありがとう、そして、お誕生日おめでとう!

お店の看板娘に

お洋服と雑貨のセレクトショップFossetさんの入り口。

1年ごとに入り口ドアのリースを新調なさるのですが、開店以来ずっとそのリースを作らせてもらっています。今年はユーカリリース。

カラフルに色を使わずグリーンを基調にしたナチュラルなリースです。ユーカリの葉をたっぷり使っているので、しばらくの間は香りも楽しめると思います。

また、この度新しく作られたショップカードにもNINOのリースを使っていただいております。

こちらはお料理教室やマルシェなどで大活躍のソンミさんの移動販売のお店です。どんぐリースがお店の看板娘に!!

このリースは、何と2013年にお作りしたもの!ご自宅でも長い間お楽しみ頂き、イベントなどに出店される際には、こうしてブースにお供して使っていただいてきました。6年以上も大切に使ってもらっています。

お客様をお迎えする入り口ドアや看板に、お店をPRするカードに、大切な場所を彩らせてもらい嬉しいです。有難うございます。