制作日誌


コラージュのハートブローチを制作中。

1つ1つパーツを手に取っては、それぞれにまつわる背景に想いを馳せ、組み合わせていく。

クマちゃんの右隣のDiorのペンダントトップは、昨年の梅田阪急さんのポップアップにお越しくださったお客様が託してくださったもの。初日に展示をご覧くださり、最終日に再びご来店。その際に、ご自宅に眠らせていたアクセサリーを託してくださったなかの一品。

そんな風に、それぞれがいろんな時間をたどってきたアクセサリー達が混ざり合い、新しいカタチが生まれていく。

完成!

制作過程をご紹介しました「長いブローチ」が完成!

総制作時間は25時間15分なり。

制作こぼれ話

作品に使った蜂のブローチ。元は羽が黒っぽい樹脂で覆われていましたが、作品のトーンに合わせて、剥がさせて頂きました🙏丁寧に丁寧に剥がしていくと、内側に施されていた綺麗な細工がこんにちは。

制作日誌

昨日の春のような陽気から一転、真冬の寒さに…こんな日はアトリエにこもって、制作に集中。長らく取り組んでいる「長いブローチ」の制作が、だいぶ捗りました。

使われなくなったアクセサリーやレザーの洋服から作ったコサージュ などおおよそのデコレーションが終わり、ベースにする革をジャケットから切り取りました✂️ここまでの総制作時間22時間。完成まであと少し!

以下は時間を巻き戻して、これまでの制作過程を。

晴れた日、暖房要らずのアトリエ窓辺のテーブルで日向ぼっこしながら作業を。

ビーズ刺繍を終えて、淡水パールを刺繍に入ったところ。分解したネックレスを使ってデコレーションに使う花のモチーフも作ります。ここまでの総作業時間10時間15分。

極小サイズのビーズを一粒ずつ縫い止める。ここまでで2時間30分。

制作スタートの頃。レースへの刺繍は安定感がイマイチで時間がかかります。ここまでの作業で1時間。

1つ1つ増やしていただき、3つ目を

お客様から届いた嬉しいお写真のご紹介が続きます。

先日、ガラスランプシェードをお届けさせていただいた神奈川のSさんより、ご自宅にシェードを飾ってくださったお写真をお送りいただきました。

ダイニングテーブルの上に、3つ並んだランプシェード。1つ1つ違う形のシェードですが、それもまたオリジナルな楽しさと調和があってとっても素敵!

3つが違う形というのは、ご依頼のタイミングも関係しているかもしれません。というのも、1度にまとめて選んでいただいたわけではなく、1つ、また1つと暮らしながら、もう1つ足してみよう。と思ったタイミングでご依頼くださったのです。(2つ目をご依頼くださった時の記録→暮らしの中に迎えていただきました

3つ目の今回、ご連絡いただいた当初は平たい形でとご希望を伺いました。ご希望に沿って、いくつかご提案させていただく過程で、お子さんも含めご家族4人で、既にお持ちの2点との相性やそれぞれのお好みを相談し合って、最終的にお選びいただいた3点目(一番手前)です。

メールでのやり取りから実際にお届けした後、お子さんも「いいね。」とおっしゃってくださっていると伺い、とても嬉しかったです。

1つ前にご紹介したNINOhouseから13年を経たメール然り、

Sさんからの3つ目のシェードのご依頼然り、

折しも、私にとって変化の真っ只中、satosatosaから独立し、NINO1本でやっていこうというタイミング。頑張ろう!と思う気持ちの一方、不安もあった時に、制作を通じて恵まれたご縁が変わらずに長く続いていることを実感する出来事でした。

活動の仕方は変わっても、制作するものに込める気持ちは変えることなくやっていけば大丈夫、と背中を押してもらったような出来事でした。ありがとうございました。

クリスマスプレゼント

少し時間を遡って、昨年のクリスマスイブの晩に思いがけず届いた嬉しいメールについて。ご許可いただきましたのでご紹介させていただきます。

「中村様

ご無沙汰しております。浜松の○○でございます。
その後いかがお過ごしでしょうか。
クリスマスという事で、以前お譲り頂きましたお家も健在で、本日も飾りながら夕食を迎える予定です。ふと思いつきでのご連絡、お許しください。

息子も21となり、現在は京都にて大学生活をエンジョイしております。
当時のピュアな部分は微塵も無くなりましたが、明るく元気に過ごしております。現在は、15歳の受験生の娘が、その後も大切に飾ってくれております。
どんぐり達も元気です。

またどこかでお会いできれば幸いです。

では良いクリスマスと、良いお年をお迎えください。」

メールを開いたとき、全てを読むまでもなく、初めのお名前でですぐに記憶が甦りました。2010年に手創り市に出店した際に出会った、男の子のお父さんだ!と。

モノ作りの喜びを感じたとても心に残る出来事で、下記の通り当時の「小さな生活」と、手創り市のブログ「つくり手の声」にもエピソードを綴らせていただきました。

あの時に好奇心いっぱいの眼差しで作品を観てくれた男の子が、もう大学生になって親元を離れて暮らしているんだなあ。まだ幼稚園に入る前だった娘さんは中学三年の受験生かあ…お子さんの成長を伺い、長い年月の流れを感じると同時に、それだけ長く時が流れた今も、NINOハウスが変わらずご家族の日々の傍らに置いていただき明かりを灯してもらっていることを知り、本当に嬉しかったです。

そして、この出来事をきっかけに、↑に挙げたエピソードを綴ったブログと、そこからリンクして、手創り市のサイトに寄せた文章も読み直したりして(商業的にモノをやり取りするだけでなく気持ちの交流をさせてもらった、というような内容)その時に思ったことを13年後に再確認し、モノ作りをしていく上で、自分が大切に思うことを改めて心に刻みました。

また、小出しhouseを選んでくれた息子さんや今も大切に飾ってくださる娘さん達の成長にはずかしくないように、私も作り手として成長していきたいなあとも思いました。

送ってくださったメールに添えられていた写真 
13年前の変わらぬ姿で明かりが灯っていました。
どんぐり君たちも元気!!
大切にしてくださり、本当にありがとうございます。

・・

私にはサンタさんは来なかったけれど、このメッセージとお写真が何よりのプレゼントだと感じた2023年クリスマスイブの晩の出来事でした。

お礼とご報告

2023年も残すところあとわずかとなりました。

家族も自分も健康につつがなく1年を終えらることをとても幸せに思います。

また、NINOやsatosatosaでは、いつもお付き合いくださる皆様方のお陰様で充実した活動をすることができました。心より感謝申し上げます。

年末のご挨拶と共に、この場をお借りしてご報告がございます。

2011年より13年間活動してきましたリメイクユニットsatosatosaをこの年末で一区切りとさせていただくことになりました。

と申しますのも、私が50歳を迎えた1年ほど前から限りある自分のこれからについて考えるようになったからです。これまでsatosatosaとして取り組んできましたアップサイクルと、個人での活動、NINOとして取り組んできました、植物など自然素材を使用したリースや古い日用雑貨のリメイクなどをトータルで自由に表現していきたいと思いに至り、satosatosaパートナー聡子さんに今年の秋ごろに相談させてもらい、寛容な理解を得て、独立させていただく運びとなりました。

satosatosaのアップサイクルのコンセプトは、今後のNINOでの活動へも大切に引継ぎ、アクセサリーやバッグなどのファッション雑貨も含めより皆様にお楽しみいただけますよう作品制作に精進してまいりたいと思います。

また、satosatosaパートナー聡子さんのお店SNOW DOLLさんとも変わらぬお付き合いをさせてただくこととなっており、とても有難く思っております。

年が明けたら心機一転となりますが、制作活動はもちろん、日々の生活においても大切に思うことは見失わないように、地に足を着けてコツコツ進んでいこう思っております。今後ともお付き合いいただけましたら光栄です。

皆さま良いお年をおむかえください。

リース展ありがとうございました

12月2日~24日までFossetさんにて開催いただきましたNINOリース展がお陰様で無事に終了しました。

期間中、購入くださった何人かの方がメッセージやご自宅に飾ってくださっているお写真をお送りくださったり、インスタに投稿してくださったりしました。拝見し、私が作ったリースをお気に召してくださった方の暮らしの日々に置いていただくことに想いを馳せて、作り手としてとても有難く感じております。作品を選んでくださった方々の日々に、ささやかながらもリースが彩りをもたらすことができましたら幸いです。

師走の忙しい中、遠方からも含め沢山の方々にお運びいただき感謝申し上げます。また、このブログやインスタなどを通じ気にかけてくださった方々、お世話になったFossetさん、皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

連日ありがとうございます

Fossetさんで開催中のNINOリース展、遠方からもわざわざお運びくださる方もいらして(昨日は、大阪からのお客様も!)感謝の念が尽きません。寒い中、本当に有り難うございます。

展示は24日まで、残すところ3日となりました。数は少なくなっておりますが、ご覧いただけるものもございます。ご覧いただけましたら幸いです。

画像は、私のアトリエの一角。昨年のリース展に出品したボールリースを飾っています(2枚目が制作時の姿)。1年経過し自然の色の変化はありますが、カラフルだった時とは違う趣があってそれもまた愛しいです。敬愛する自然の造形美がぎゅっと凝縮された球体は制作時間の心の栄養になっています。

リース色々


私は絵は描けないけれど、リースもsatosatosa作品も絵を描くような気持ちで、色や形、質感を重ね合わせて作品ごとに1つ1つの世界を作りたいと思っています。

こちらは、絵本のなかに出てくるような森の景色をイメージした作品。額縁に絵を納めるような気持ちで、古い無垢の木のトレーの中にリースを飾りました。

ズーム!!個人的に木に成っている小さなドングリがお気に入り♡
製作中、この位置にどんぐりを取り付けたくなりましたが、さて?どうやって?と考えた結果、帽子に穴を空け、細いワイヤーで固定することに(更に接着剤で補強)。小さな部分ですが、作品のポイントになる重要部分!イメージがちゃんと形になって嬉しい!!

リースに組み合わせたトレー。「植物」+「古いモノ」シリーズ

NINOリースの定番で作り続けております「どんぐリース」

毎年、人気で嬉しいです。只今開催中のFossetさんでの展示会でも有り難いことに初日に完売となっておりましたこちらを追加でもう1点納品いたしました。

葉や蔓の自由な動きを味わえるリース。
ドライフラワー は時の流れで徐々に色が変化していきます。グリーンが鮮やかな今のうちはクリスマスの飾りとしてもお楽しみいただける雰囲気です。
壁にかけて飾って頂くのはもちろん、テーブルに平置きしていただき、食卓の彩りに添えていただくのもおすすめです。

レモングラスの直線的な形状に、蔓に絡めたサンキライの赤い実をユラユラと吊るし、

ゴツゴツ、ハードな印象のハスの実に、ネコヤナギやススキの優しい白いフワフワを添えて。

根本はリボンではなくレザーでクールにまとめてみました。

あまり作り込まずシンプルに植物それぞれの個性を活かして作ったスワッグ。1年を通じて飾っていただけますが、お正月のお飾りとしてもよさそうな雰囲気です。

ふんだんにグリーンを使用し、ほのかにユーカリの香り漂うリース。色調抑えめ、落ち着いた雰囲気です。

サイズは縦約60センチ×横約40センチ、存在感がありますので、広めの空間や店舗のディスプレイにもおすすめです。

窓辺のユーカリガーランド

空間に浮かんでいる感じがなんともいえず好きで、吊るして飾るタイプを作りたくなります。

ワイヤーで吊るしております。お手持ちのワイヤーを足していただいて低い位置に、逆にワイヤーを短くして高い位置になど、お好みに合わせて飾っていただくこともできます。

こちらも定番で毎年ご好評いただいております、ユーカリミルフィーユのデコレーションタイプ。

小ぶりなサイズで、壁掛け、平置き2通りの飾り方をお楽しみいただけます。

展示会初日の朝一番にご縁に恵まれて旅立ちましたハーフリース。同じような雰囲気で新たに制作し、追加納品致しました。

Fossetさんで開催中のリース展に追加納品致しましたリースです。一昨日の月曜日から店頭に並べて頂いたところ、既に幾つかがご縁に恵まれて旅立ったとご連絡頂き有り難いです。

お運びくださった方々、お気に入りを見つけてくださった方々、有難うございました。

リース展は引き続き24日まで開催中です。よろしくお願いいたします。

以下、 @fosset__ さんのサイトより転載させていただきます。

「NINO リース展」
2023.12.2(sat) – 12.24(sun)
10:30 – 16:30
会期中のお休み 12/6.10.13.20

静岡市のNINOさんから素敵なリースが届きます。
植物や木の実など様々な素材を組み合わせ、
1点1点丁寧に手作りされています。

ぜひこの機会にお気に入りを見つけていただけましたら幸いです。

会期中、おいしいものもいろいろ届きます。
北海道の「北の住まい設計社」さん :シュトーレンや焼き菓子、ハーブティーなど
藤枝市の「Akane工房」さん :クリスマスクッキー缶
東京のFelt coffee さん :コーヒー各種(MILK BREW、drip pack、 coffee bag)

リース展、始まっています。

Fossetさんでのリース展示会、お陰様で12月2日より無事にスタートしています。

開始前日に愛知のFossetさんまで搬入に伺い設営、初日は終日在廊させていただきました。

これは、搬入日に車に積み込む為に、玄関先に作品を全て運んだ時の様子です。

ドライフラワーはとても繊細なので、長距離の運搬が心配でしたが無事に運ぶことが出来ました。

以下、設営後のFossetさん店内の様子(インスタグラムでは動画でもご紹介しておりますので、よろしければご覧ください→

お店が静岡から愛知へ移転されてからの初開催で緊張しておりましたが、丹精込めて作ったリースをお客様が直にご覧くださる場に立ち会えて、新しい出会いにも恵まれ感謝の一日になりました。

初日以降も、Fossetさんから丁寧に連絡を頂戴しており、遠方からわざわざお運びくださった方もいらっしゃるそうで有難いです。

私は日曜に静岡に戻ってから、再び制作の日々を送っています。(出来上がった作品は追ってご紹介させていただきます)ご縁に恵まれて旅立ったどんぐリースやハーフリースなどを追加納品させていただくことになりました。

展示は12月24日まで開催されます。お近くにお越しの際は、お立ち寄り頂けましたら幸いです。