真夜中のガールズ(?)トーク

家族の晩ごはんの片付けが終わった後、ミチコさんとお茶を飲みに近所のロイヤルホストへ。

バリバリのキャリアウーマンであり、3人の子(高校生、中学生、小学生)の母であるミチコさんとは、ゆっくり会う機会はなかなかなくて、小学校の参観会が、話を出来るいい機会となっているのだけど、先の参観会に私は息子の体調不良で出席できず。その時、連絡をくれたミチコさんと、「じゃあ、たまには外でゆっくり会おうよ。」ということになり、土曜の夜のティータイムとなりました。

8時過ぎに店に入って、そこから話がとめどなく溢れて、閉店準備の雰囲気が漂い始めた、翌日曜日午前3時まで、真夜中のガールズ(?)トークを繰り広げました。

もともと、子どもを通してのママ友達ではあるけれど、子どもの話題は全体の10%にも満たず。近況とかも少々。主には、お互いがこの頃良く考えていることを結構ディープに話したなあ。ずっと考えていた、心の中のことを話せたなあ。あまり、人に話しにくい(伝えにくい)話ができたのは、理解をしてくれるミチコさんと、真夜中の静かな時間のお陰。

いつかの月の綺麗な夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です