お蕎麦屋さんへの道すがら

昨日の晩ごはん、旦那さんが不在だったので簡単に済ませちゃおうと、子ども達と近所のお店でお蕎麦を食べることになった。

風が心地よい5月の夕方、3人で散歩しながらお店に向かった。道すがら、就職活動真っただ中のお姉ちゃんの為の面接対策。

なりきり人事部長ちょ太:「学生時代に頑張ったことは何ですか?」

就活生お姉ちゃん:「はい、海外の子どもたちへのボランティア活動を頑張りました。」

なりきり人事課長サトコ:「そこで得た学びはありますか?」

etc…

母と弟が即席面接官に扮し^^、模擬面接しながらのお蕎麦を食べに向かう母と子の散歩道。

散歩道のヘビイチゴとミンクウサギ

今朝の散歩道、道端に成っていた可愛いヘビイチゴ。摘んで帰り、小瓶に活けて部屋に飾る。

飾る前に、可愛いヘビイチゴちゃんにちょっとお仕事もして頂きました。

苺の森のウサギさん🐇🍓

satosatosaの新作ブローチ「ミンクウサギ」と共に記念撮影📷

折角の機会なので、もう一羽のウサギさんとも📷

いずれのウサギさんも、尻尾はミンクファー(もともとはイヤリング)、目はルビー(もともとはピアス)です。二羽のウサギの目のルビーは元は一対のピアスでした。

何故にわざわざその体勢?

朝起きて、寝室からリビングに来たらこの光景。パソコンでYouTubeを見ていたちょ太。

「何故にわざわざその体勢?!」、シリーズはまだ終わってなかった!笑笑

シリーズ、過去の傑作選

何故に?

わざわざ??

その体勢???

どれもこれも謎過ぎる~~笑笑

カーディガンの簡単リメイク

愛用しているヒョウ柄カーディガンのボタンホール(上から2つ目)の金具が生地から外れてしまいました。

金具の裏側は、まだかろうじてカーディガンに付いている状態で、修理しようにも生地を傷めないように上手く取り外して、同じような金具を取り付ける自信が無い~(泣)。

お気に入りでかなり多用していたし、こんなことがなければ、まだまだ生地の状態も良くて長く着ていくつもりだったのに、、、ショック😣

寒暖差のあるこの季節、気温の変化で脱ぎ着できるカーディガンは必須。残念だけど諦めて新調しようかと、色々お店やネットで探してみましたが、気に入ったものがなかなか見つからず時が流れていたあるとき、ヒラメキは突然やってきた!ピッカーン💡

私、カーディガンの前のボタンを全部留めて着ることはないのです。全開か、留めたとしても第一ボタンだけ。ならば、2つ目以降のボタンホールは不要ではないか!!

という訳で♪

じゃーーーん♪

二つ目以降のボタンホールを覆い被すように、ゴールドのボタンを付けました。これは、ボタンとしての機能は全く要求しない、アクセサリー感覚のボタン!

私のボタンコレクションから、可愛いボタンを見繕って、すべて違う種類を並べて私だけのオリジナル、楽しいカーディガンの出来上がり~~♪

よくよく見ると、両側にボタンが並ぶ不思議な造りのカーディガン(笑)でも、いいの、いいの。私はめちゃくちゃ気に入っている!無理して新しいカーディガンを時間やお金をかけて探さなくてよかったあ~。

アイディアは、無形の財産。神様、ヒラメキをありがとう♡

今日の娘のファッション。世界に1つの私のカーディガンを着て出かけていきました。

眩しい姿

ちょ太の部活動の応援が楽しいこの頃。

日頃の先生の熱い指導と子ども達の頑張りが試合でのプレーに表れていて、成長していくチームに応援の気持ちは大きくなるばかり!

苦しい場面で、互いに声を掛け合い励まし合う姿には、じーんとくるものが。青春の眩しい姿。

バスケが上達するのも嬉しいけど、心の成長が何より嬉しい。仲間と一丸となる体験、思い通りにできない体験、苦しさを乗り越える体験、最後までやり遂げる体験、勝利の喜び、、、部活を通じて色々体験している!

私は成長していく姿を、間近で見られる親としての幸せを味あわせてもらっている。

ブローチ オナガドリ

長らく取り組んでいたsatosatosa作品、ブローチ「オナガドリ」完成!

2羽のオナガドリの共演✨

左側の方は昨年、公募展で入選しアクセサリーミュージアムに展示して頂いた思い入れのある一品。

長~~~い尾のそこかしこに、色々な人達からsatosatosaに引き継がれたアクセサリーがちりばめている。

部屋の花

私の敬愛するアーティスト 小泉豊次郎さんのお庭からオオデマリ。奥さんのTさんが丹精込めて育てた花を折りにふれてお裾分けしてくださる。清楚な香りとともにTさんが注いだ愛情も部屋に満ちているように感じて、心が安らぐ。

昨晩のこと

昨晩のこと。

晩御飯の後、皆がゆっくりくつろいでいる時間に旦那さんが「桜でも見に行こうか?」と言った。子ども達も誘いにのって、家族そろってウオーキングがてら、近所の公園へ夜桜見物に行くことに。

途中のコンビニでコーヒーやカフェオレなど各自温かい飲み物(缶ビールを選んだ人が約一名 ^^) を調達し、静かな公園を貸し切りで桜を愛でる春の夜。

ブランコではしゃぐ姉と弟は、この春から大学4年生と中学3年生に。

ゴミ出し記念日

月曜日、可燃ゴミ収集日、なのにゴミ出し係の旦那さんが早朝から出かけてしまい不在。

断られることを覚悟でちょ太に頼んでみたら、いつもツッケンドンとしている中2男子が、まさかの「いいよ」と返事。

春休み中だけど、今日は離任式があり登校するので、その途中で出しておくよって言ってくれたーー!!

ゴミ出しの手間が省けたこともそうだけど、引き受けてくれたちょ太の気持ちが嬉しい母心。

ゴミ袋を片手に登校する姿をリビングから隠し撮り^ ^

その昔にあったサラダ記念日なる短歌になぞらえて

意外にも 「いいよ。」と君が言ったから 3月29日はゴミ出し記念日

字余り〜^^;