母から 娘から

制作の合間に気分転換。先週末のちらっと帰省で母が持たせてくれたグリンピースを、せっせと鞘から取り出しました。まだ瑞々しい鞘を割くと、中からまあるいお豆がこんにちは!

早速茹でて、おやつ代わりにパクッ。母の愛情がスペシャル調味料になって、新鮮、美味しい春の味。

お姉ちゃんから1日早い母の日のプレゼントをもらいました。

添えられていたカードは、「早いもので、あと数カ月で私もアラサー(25歳)、、、」という言葉から始まって諸々の感謝のメッセージが綴られていました。

娘がもう25歳ということは、私も母になって四半世紀ということ。時の流れの早さを感じずにはいられません。

そのもうすぐアラサーお姉ちゃんは、今月末に職場へ通いやすい場所にあるアパートへ引っ越すことになっています。学生時代も一人暮らしをしていたけれど、その時はあくまでも親の金銭的なサポートの上に成り立っていたこと。これからは、自分で身の回りのことをするだけでなく、生活の糧となるお金も自分で得る暮らし。真の意味での自立。

子育てのゴールは、子どもの年齢ではなく、自立させることと思いながらやって来たので、これで私のお母さん業も本当に区切り。

といいつつ、私の母のように娘が50歳になっても、なにくれとなく気に掛ける気持ちは人生の最後まで続くのでしょうが。

ちょうどブラシを買おうと思っていたところに、以心伝心!satokoの名入りのスペシャルなのがやってきた!!

レモンの香りのトリートメントも嬉しい。お姉ちゃんありがとう。

5月

アトリエの62muniさんカレンダーが、こいのぼりと菖蒲のイラストに変わり5月になりました。

私の5月のスタートは、ちょ太のバスケの応援の日々。

高校に入ってから親の出番も多くなったバスケ生活も、最後のインターハイ予選が始まり、締めくくりの時を迎えています。

インターハイ予選の合間に名古屋への遠征合宿もあり、パパママ応援団も最後の帯同。

忙しい日々ですが、こんな風に懸命にプレーする姿を見られるのはもう2度とないと思って、子ども達の姿を目に焼き付けています。

満喫っ

ディズニー&東京(原宿に行ったそうな)旅行から帰ってきたちょ太。

家族とも楽しかった時間を共有したいと思ってくれたのか、珍しく家族ラインに沢山の写真を送ってくれた。

気温も低く雨も降っていたのに、合羽も着ず、傘もささず、朝から晩までディズニーを満喫したそう。どんだけ元気いっぱいなんだ!若さって素晴らしい。

シンデレラ城の前で満面のスマイル(^^

全員が運動部メンバー。普段は部活に勉強に忙しくしていて皆のスケジュールを合わせることが難しい高校生活のなかで、かけがえのない思い出を刻めた2日間の友との旅。

気分は既に^ ^

公立高校入試の為に今日から3日間、休校になったちょ太。普段は土日も部活があるので、完全オフの貴重な貴重な3日間。早朝5時の高速バスで友達6人でディズニーランドと東京への旅へ出発!

↑昨晩の様子。晩ご飯を食べながら、一足先に気分は既にディズニーへトリップ^ ^

生憎のお天気になってしまったけど、皆で集えばそんなことはへっちゃらでしょう。2日間思いっきり楽しんできてね。Have a nice trip!!

いっしょにあそぼうね

棚の整理をしていたら、こんなかわいい手紙を発掘^^

「いっしょにあそぼうね」とつたない文字で綴ったのは、10年以上前のこの人↓

今では、「いっしょにあそぼうね。」なんて可愛いセリフは言ってはくれませんが、部活の遠征などに帯同して「いっしょ」の時間を過ごしている。

毎週末のように親の出番があって忙しくもあるけれど、それもあと数か月。

部活を引退し、大学に進めば家を出るかもしれません。

部活がオフだった年末には駆け足で関東の大学をいくつか見学に行きました。

すぐ近くで頑張る姿を応援し、成長を見守れる時間、我が家で日常を共にできる時間ももうあとわずかかもしれません。

「いっしょ」に過ごせる「今」に感謝して大切にせねば。

楽しい旅を!

子育てしていて嬉しいな、幸せだなと感じられるのは、子どもが何かやり遂げた時(受験の合格とか、部活で良い結果を出すとか)は、勿論ですが、何より心から嬉しいのは、子どもがただ笑っていてくれること。これは親になってみて初めて分かったこと。

今朝は、黙っていても自然と顔がほころんでくるようなちょ太の姿が見られて、私まで嬉しくなった1日のスタート。

今日から3泊4日で沖縄へ修学旅行。日の出前のまだ暗い時間に学校集合の為に送って行った30分ほどの車中では、空に輝く美しい月を眺めながら、エレカシの「今宵の月のように」を熱唱♪ 普段の早朝送迎なら寝てる or スマホを観てるちょ太なので、気分が上がっているのが一目瞭然。お母さんもつられて楽しくなってきて、親子で大合唱のAM5:30。

学校周辺は送りの車で混雑するからと、ちょっと離れた場所で車から降りたちょ太。写真に収めようと呼び止めたら、振り返ったちょ太はやっぱり笑顔でした。

楽しい旅になるでしょう。行ってらっしゃい。

修学旅行裏話

出発2日前のちょ太とのラインのやり取り。

笑!

沖縄にパスポート必要かも?と思ったみたい。

想定外の問いに、初めは意味が分からなかった私でしたが、途中でちょ太の無知に気が付いて煽って楽しんでしまった悪いお母さん😝

ちょ太、17歳にして学びました(これも、ある意味修学旅行?!)。国内ではパスポート要りませーん(笑)

ちょ太、17歳の誕生日おめでとう!

10月29日、ちょ太が17歳になりました。

ここまで健康に育ってくれて、元気に学校に通い(勉強は??だけど・笑)、部活にも懸命に取り組んでくれて、成長する姿を間近で見せてもらってきた17年間のかけがえのない日々に、お母さんはありがとうがいっぱいだよ。

ちょ太、お誕生日おめでとう!

画像は部活終わりに仲間たちがお祝いしてくれた様子。マネちゃんが撮ってくれた画像をマネちゃんママが送ってくれました!良い仲間に恵まれていて幸せ者です。

復活 バーバー パパ

高校生になったあたりから、少々色気付いちゃって^ ^、美容院に通っているちょ太。

それが、このところ多忙につき美容院に行く時間がとれず、お家でヘアカット✂️ お久しぶりのこの光景、バーバーパパが復活しました!(謎にヘッドライトを装着している床屋さん・笑)

一年半ぶりのお仕事でバーバーパパの腕が鈍ったか?仕上がりは、みごとなアシンメトリ&シースルー。翌日学校に行ったちょ太は、「過去イチで友達に髪型をイジられた。」そうな(笑笑)

日曜日、朝ごはん

今日の朝ごはんはフレンチトースト。ブルーベリーとバナナをトッピング、ヨーグルトも添えて、カフェのようなお洒落~なサンデーモーニング♪

こちらを作ったのは↓↓↓

ナイスなシェフは、高校2年生男子。親指と人差し指だけしか自由がきかない右手骨折中の身の上なのに、わざわざ朝からクッキングした訳は、残り3日になった夏休みの宿題がまだ終わっていなかったから。「朝、昼、晩ごはんをそれぞれ作る」という家庭科の宿題が未完で、部活が休みの本日、駆け込みクッキング。なかなか有能な助手(主婦歴25年^^)を使いつつ、フレンチトーストモーニングの日曜日。

ちなみに、骨折する前に済ませていた晩ごはんのお料理風景はこちら。

なりきりモコミチ・笑 

メニューは、ハンバーグとポテサラ、みそ汁。

普段は全く手伝いをしない彼なので、2時間はかかるだろうと見積もっていましたが、意外と手際が良くて1時間半ほどで完成。

翌日のお姉ちゃんのお弁当の分まで余分に作ってくれました。

さて、コンプリートまで残り1つ。昼ご飯は明日に持ち越し。いつもの助手(主婦歴25年)は明日は予定があってお役御免。不自由な手で大変だけど、ギリギリまで宿題を残してしまった責任は自分でとりましょう~~。ファイト!!

フレー フレー ちょ太!!

酷暑の夏休みも部活のバスケットボール三昧のちょ太16歳。

熱中症警戒アラートもどこへやら??の連日の厳しい練習と指導に、8月中旬には気力も体力も落ち込んでしまい、「もう部活辞めたいな」の危機もありました。何とか乗り越えて再び前を向き、気合が入りはじめた矢先、

練習中に右手の甲を骨折。今度はやりたくてもやれない事態に…

ひと山超えて安心していたところだったので、見守る私まで気持ちが沈みましたが、しばらくして落ち着いて色々考えてみたら、ちょ太が中学でバスケ部に入った頃に願っていたことが蘇ってきました。(小さな生活で振り返り復習

そうだ!ちょ太に部活を通じて経験してもらいことって、単にバスケが上手くなることや試合で活躍することだけではなかったではないか!!

挫折や失敗など一見マイナスに思える出来事、そこでどう気持ちを整え、行動を起こしていくか。それこそが、ちょ太の成長に大切な経験だと、あの時の私は思っていたではないか!!

夏休み中は練習試合も多くあり、試合に出してもらっている姿を見る楽しみに心を奪われてしまって、初心を忘れていた私に一連の出来事は大切なことを思い出させてくれました。

ハードな練習も厳しい指導も、部活をやりたくても出来ない怪我も、その事態に対しどう臨むか。そんな経験がちょ太の成長の糧となることでしょう。ピンチはチャンス!!あの頃の気持ちを思い出し、お母さんは再びちょ太にエールを送ります。

フレー フレー ちょ太!!