流木フレーム

「流木フレーム シリーズ第2弾」

今度は、サイズが小さめ。

写真を飾るのにも丁度いい大きさです。

底の平たい部分にも、細い流木をスライスして床板のように並べて張ってあります。

これを、白くペイントしようかオイルステンを塗ろうか少し迷いました。

結局、元のひなびた色を生かすことに。

流木の風合いは、私の好きな古いものと相性抜群。

古鍵&錠前コンビを飾ってみました。

4件のコメント

  1. こんばんは。
    流木フレーム、素敵ですね。私はこの位小さい方が部屋とか玄関にも飾りやすくて好きです。布やレースで作ったオブジェなどを飾っても可愛いかも・・・と思いました。

  2. ピンクベアさん

    おはようございます。

    そっかー。小さい方が使いやすいですよね。
    このフレームは、1つだけ飾るのもいいですが、2つ3つ並べて使うといいかなあ・・・と考えていたので余計にこれぐらいの大きさの方がスペースの都合を考えると使い易いですよね。
    今度、手作り品のイベントに出品しようと思っているので、自分達以外の方からのコメントとても参考になります。
    ありがとうございます。

    布やレースを飾るの、いいですね。
    素朴なフレームが優しい雰囲気になりそう・・・。
    飾るものによって同じフレームでも印象が変わりそう。
    使ってくださる方のヒラメキで色々楽しんで頂きたいなあと思います。

  3. すごく素敵なフレームですね
    特に錠前を飾っている方・・・好みです♪
    同じような鍵は持っているけれど飾り方一つで
    こんなにも素敵になるんですね・・・

  4. ブスネコさん
    こんにちは。
    旦那さんは、自分の作ったものがブログにアップされる度、皆さんの反応を気にしています。(笑)
    ので、「すごく素敵なフレーム」なんてコメントを拝見したらきっと、大喜びですよ。ありがとうございます。

    錠前を飾ってる方が好みですか。
    そっちの方が、板の形がデコボコしてて海の中での激しい旅が偲ばれます。
    同じ形は2つとないでしょうね。

    フレームも、中に飾るものもコーディネート次第で印象が変わるのは楽しみの一つです。
    飾る人の個性が色々出そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です