再登場

ストフェスに向けて新たに作った流木リメイク椅子。

スチール部分にペンキ跡。

背もたれや座面には錆びた釘が・・・

前作よりもジャンク度数、高いです(笑)。

古いモノや流木を材料にして作っているので、

ペンキの跡や錆びが付いていたり・・・

波にもまれて丸くなっていたり、節が深く浮き出ていたり・・・

たとえ同じような形・大きさの材料を使ったとしても、

そのモノが経てきた歴史のなかで刻まれた一つ一つの表情により、

出来上がりの雰囲気もまた一つ一つ違ってきます。

4件のコメント

  1. 素敵な椅子{ラブラブ}
    前の椅子のように、店先にポンと置いただけで存在感がありそう。
    おうちの中にあると、また違った表情になるのでしょうね。
    海にポツンとある椅子は、一枚の絵のようです。
     
    うちに粗大ごみ行きのパイプ椅子(子供用)が2つあるんです。
    上の二人が使ってたものなので、少し錆び感がこの椅子と似てて。
    あ~、やっぱりリメイクして使いなおそうかな~。
    こうして物が増える我が家です{汗}

  2. こんにちは。

    ストフェス、行きたかったなぁ~。
    是非、今度は神奈川で(赤レンガとか)出店してください{ルンルン}

    NINOワールド、見たいです!!

  3. co*coaさん

    ありがとう~♪
    流木や古いスチールのもつ表情のお陰で、雰囲気のある椅子になったのではないかと思っています。

    >海にポツンとある椅子は、一枚の絵のようです。

    そんな風に言ってもらえると、海まで椅子を運んで写真を撮った甲斐があります。
    実は、この波打ち際の椅子のすぐ横には、釣りを楽しむおじさん多数。
    息子と椅子を抱えながら登場し、いきなり写真を撮りだした私は、おじさん達にかなり怪しい目で見られてました・・・汗

    錆びのあるパイプ椅子、リメイクするとなかなか雰囲気のある一品になりますよ。
    お子さんの思い出の詰まった椅子、いかがですか?

  4. ちゃーちゃんさん

    こんばんは。

    遠くから気にかけて頂き嬉しい限りです。

    いつか静岡以外の場所でもチャレンジしてみたいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です