半世紀のパートナー

問題 これは何?

答えは、トルソーの脚の部分

くすんだ金属の質感と、三脚それぞれにアルファベットが刻まれた雰囲気に惹かれて撮影。

先週の記事リフォームのススメ 洋服編でワンピースを着せたトルソーです。

あの記事でワンピースの写真撮影をする為に、洋服をリフォームしてもらっているお店で借りてきました。

お店の主は上品なおばあさん。

ブログに記事を載せる為トルソーを貸して欲しい旨を私が伝えると、

「パソコンのことはよく分からないけど、何だか嬉しいことに使ってもらえそうだわ。ぼろぼろでお恥ずかしいけど、これで良ければどうぞ。」と、その場でトルソーが着ていた洋服を取って私に貸して下さいました。

おばあさんとこのトルソーは、20代の時から50年以上の付き合いとのこと。

これまでに、プラスチックの物や脚が二股に分かれている物など、いくつも新しい物を使ってみたけど、結局これに落ち着くのだそう。

新しいものは全て処分したけど、一番古いこのトルソーだけが残ったと教えてくれました。

「何故だかこれが一番使いやすいのよ。」って。

これは仕事を始めて一番初めに使ったトルソーでもあるそうです。

50年・・・。半世紀です。

布は色あせ、剥がれた部分には補修のテープが・・・。

時の流れと、今までの仕事振りが伺える姿。

これまで何百着もの衣装を着てきたのだろうな。

そして、これからも。おばあさんの仕事のパートナーとして・・・。

おばあさんのお店で見つけた

  ↓

前回リフォームでお店に行った時のこと

私が採寸をしてもらっている間、暇を持て余した娘が私の手帳にお絵かきをしていました。

その絵をおばあさんが誉めて下さるので、気を良くした娘が手帳のページを一枚破っておばあさんにプレゼントしました。

子供の落書きの紙切れでしたが、おばあさんは喜んで貰ってくれました。

先週、トルソーを借りる為に突然お店にお邪魔した私。

おばあさんの作業机の前の壁に家の娘の描いた絵が貼られているのを見つけました。

4件のコメント

  1. お久しぶりです。べべです☆
    なんだか素敵な絵本を読んでいるかのような気分になりました。優しくて素敵なおばあさんがお店をやっててそこへひょっこり2人がやってきて…♪このまま続きを夢の中で見たいような☆……現実は歯も磨いて、後片付けもして、とやる事いっぱいなんだけどね。
    おやすみなさい。

  2. べべさん
    お久し振りです。こんばんは。
    相変わらず豊かな想像力のべべさん♪
    私の方が、べべさんから頂いたコメントを読んで絵本の世界へ入り込んだ気分になりました。続きの話はどうなるのかしら・・・・。
    って思ってる私は現在、飲み会帰りでコートを着たままパソコンに向かっています。
    この後、お弁当箱を洗い、お風呂に入って娘の保育園の支度をetc・・・
    現実はこんなもんです。(^-^;

  3. MOCOです。素敵なおばあさんとお知り合いの、NINOさんも
    きっと素敵な方なんでしょうねーー!
    古いものって、ただ古いだけでなく、時を刻んだ分良い様に、色あせたり、角が取れて丸くなったり、使い心地よさそうですね。
    人間もいい年の重ね方をしていると、んーーー
    表情にでたり、気持ち的に余裕が出てきて、
    素敵なおばあさんのような
    行動が自然に、何気なく普通に出来るんでしょうね。
    そうありたいものです。
    娘さんもそれをみたら、気持ちが柔らかい気分になるだろうなー

  4. MOKOさん
    物が古くなっていくように、人もだんだんと歳をとるのは避けられないけど、MOKOさんのおっしゃるようにいい年の重ね方をしたいです☆
    そうそう、恐ろしいことに重ねた歳の記録が顔の表情に出るのですよね~。
    リフォーム屋さんのおばあさんは、綺麗に年を重ねた感じの方。
    私がいきなり店にやって来て「トルソーを貸して欲しい。」なんて突拍子もない申し出をしても怪訝そうな顔もしないで笑顔で聞いてくれたんですよ。
    人の話に聞く耳を持っている方というか、人を受け入れる心が広いというか・・・上手く表現できないけど素敵なおばあさんです。
    歳の重ね方が上手な方をお手本にして自分もそうありたいなーと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です