展示会後のガラスケース

2012.10 satosatosa展・「再利用」

2012.11 ストリートフェスティバルでのNINOブース

satosatosa展示会とストフェスで使用した長さ180センチの大きなガラスケースを、自宅で使うためにリフォームをしました。全面ガラス張りは展示には好適でしたが、普段の生活に使うには少々不便。中身が全部見えてしまうので、なんだか雑然とした様子になってしまいます。

そこで天板と戸を、元々の木枠の材と同じ無垢のタモで作り変えてもらうことに。制作はご夫婦で工房H・W・Fを営む久留さんにお願いしました。技術だけでなく志も高い木工職人さんであり、子どもをこよなく愛する2児のお父さん・お母さんです。同世代で物作りをし子どもを育てる者として尊敬しています。

さて、こちらが久留さんの美しい仕事により生まれ変わったガラスケース。見た目はすっきり、内にはたっぷり収納。リビングでの理想的な家具に変身です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です