制作のこと

10月のsatosatosa展に向けて、作品制作に取り組む日々。

こちらは、スノードールから作品素材として預かった付け襟。パールを留めていた糸がほつれて、幾つかが外れてしまっています。

satokoさんは、外れてしまったパールも大切に保管していて、それをそのまま縫いつけて補修することもできただろうに、私に託してくれました。

さて、これをどうして生まれ変わらせようか?素材を前に迷うとき、改めてsatosaotosaのコンセプトに立ち返ってみる。

「忘れられてしまったり、使えなくなってしまったアクセサリー、洋服、バックたち。捨てられることなく時を越えて、ここに存在しsatosatosaのイマジネーションを通じて、巡り会い、混ざり合う新しいカタチ。」

ただ単純なリサイクルではなく、想像を広げる。アレアレアの精神もお忘れなく♪そうしてみると、「何か作らねば!」と力の入った固い思考がほぐれゆき、見えなかったものがふんわりと浮かび上がってくるのでした。

付け襟、新しい楽しいカタチに生まれ変われそうなアイディアが浮かびました♪ちゃんと形になりましたら、改めて紹介させていただきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です