ある日の晩ごはん

・鶏肉とネギとキノコの旨煮

・人参・大根なます

・バジルとチーズのサラダ

・味噌汁(玉ねぎ、わかめ)

「質素な食事ですなあ。」

と、娘に言わしめた、ある日の晩ごはん。

「いいじゃないですか、質素でも。みんなで食べれば美味しいよ。」

とは、豪華なご飯を作れない母の言い分。


2件のコメント

  1. 我が家は大皿料理なので、NINOさんとこの一人一人盛り付けられてるのが新鮮な感じがします。

    でも、、、おかずの量が我が家はすごいんで、NINOさんところはみなさん小食なのかと・・・(汗)
    夫なんて、↑の1人分の量の3倍は食べます。
    御飯は家族で1食3合食べてしまいます。

    とにかく、おかずも御飯も残らない!!のが我が家です・・・。

    「みんなで食べればおいしいよ」って本当ですよね。
    NINOさんとこは単身赴任をされてたので本当身にしみますよね。
    私も最近は夫が遅いので子供と私で食べてると、、、ついつい「早く食べろ」だの「こぼすな」だの、本当の食事の楽しさっていうのを忘れてるようで反省させられます。

  2. rikaさん

    うちも大皿料理が多いのです。この日は、あまりに質素な料理だったので、皿の数で食卓を盛り上げてみました。
    この量では、旦那さんはちょっと足りないみたいだったのですが、、、お弁当用のおかずは死守したかったので、お代りはご遠慮願った次第です(笑)。

    それにしても、一食で3合はすごい!!うちは、晩ごはん前に2合炊いて、それで大体は翌日の昼の旦那さんと私の分までいけちゃいます。
    きっと、rikaさんのお料理がおいしくて、ご飯も進むのでしょうね~(^∀^)

    「みんなで食べる」何よりのご馳走かと思います。そうそう、旦那さんが仕事で遅かったりするとなんとなく気ぜわしくて、私も子どもを急かしてしまったりします。
    >本当の食事の楽しさ
    ああ、ホント忘れちゃいけないキーワードだなあ。rikaさんコメントをありがとうございます。大切なことを再確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です