4月2日、3日のこと

4月2日

4月3日

4月2日、3日は、旦那さんの地元のお祭りに。(名古屋に遊びに行っていた子どもたちとは、2日の夕方に蒲郡で合流。)この地域では、本厄年の男性が中心になって2日間にわたる春祭りを厄払いを兼ねて盛り上げるそう。1日目の夜には、手筒花火、2日目は、朝の7時から夕方4時ごろまで、威勢のいい歌と掛け声とともに船を曳きながら街中を練り歩きます。

今年41歳、まさに本厄年である旦那さんも、お祭りに参加です。たくさんの地元の皆さん、氏神様に見守られて、無事に役を務めました。

++

このお祭りの開催に当たっては、震災を考慮し審議が尽くされたとのことですが、義援金を募りながら、例年通りにもよおされることになったそうです。1日中街を練り歩いた船の後ろに控えた募金箱、神社にもいくつかの募金箱が設置されていました。私もこちらに募金をしました。

春はお祭りやイベントが多い季節。開催に当たっては様々な意見があってしかりです。

私は、不自由なく暮らせること感謝しながら日々を大切にすごし、その中で小さくともできることを(具体的には募金)末永く続けていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です