ある日のお弁当

ある日のお弁当

・八宝菜

・黒豆

<メモ>実家の母が煮た黒豆。大粒でふっくら、おいしい。

ある日のお弁当

・鶏の磯辺揚げ

・ほうれん草と人参、舞茸の和え物

・大根人参なます、黒豆

<メモ>実家の父母の畑で採れたほうれん草がおいしいくて、体が喜んでいました。

ある日のお弁当

・大根、舞茸、手羽元の煮物

<メモ>みかんは、旦那さんの実家から。

帰省の際、地元の蒲郡みかんを段ボール箱いっぱいに持たせてくれました。

ある日のお弁当

・トマトソースパスタ

<メモ>トマトスープの残り物をアレンジして

ある日のお弁当

・ねぎとキノコと鶏の旨煮

・大根、にんじんなます

*年末年始の帰省では、滞在中に何かとお世話になった両方の実家。帰り際には、お土産をたくさん持たせてくれて、静岡に帰ってからの食事にもその恩恵が。ありがたいです。

++

*お弁当の記事とは少し内容がずれるけど、自分への覚書

今年は、毎日の食事とか、住まいの掃除とか、日常のことにもっともっと意識を向けてゆく。地味で、当たり前のことだけど、丁寧な日常にこそ、全てにつながってゆく鍵が潜んでいると思う。

2件のコメント

  1. 覚書・・・そういった意識、大切にしたいですね。つい忙しさを理由にさぼりがちになってしまうから。当たり前のことを続けることが重要なのだと最近良く思います。

  2. フミさん

    ほんとうに、そうなんですよね。
    ついつい後回しにしたり、適当に済ませたり。

    でも、ちゃんと作った料理は元気が出るし、
    整えられた部屋は気持ちをシャンとしてくれる。

    小さな当たり前のことを丁寧に積み重ねてこそ、大きなこともなし得るのかなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です