10年後の友へ 自分へ

2000年1月1日生まれの娘は、2020年1月1日に20歳になりました!娘が心身ともに健やかに成長してくれていることに毎年感謝する誕生日である元旦ですが、今年は無事に成人となり、より一層の感謝の思いで迎えました。

さて、その元旦のこと。家族ともども私の愛知に実家に帰省していた娘が一人で部屋にこもって何やら時間をかけて書いておりました。何をしているか尋ねると、友達と10年後の互いに向けた手紙を綴る約束をしているのだと。それにプラスして10年後の自分自身にも宛てて手紙を綴るのだと。2020年の初めに手紙を預かってくれて10年後に投函してくれるサービスがあって、それに友達と二人で参加するのだそうです。友達というのは、夏休みに家に泊まりに来てくれたermちゃん。

素敵!30歳になった二人が、20歳の時の友達や自分が綴った手紙をどんな気持ちで読むのかな。その時の二人はどんな社会人になっているのだろうか?今、抱いている夢や希望を叶えてる?もしくは、挫折の最中かもしれない、、、いずれしろ、20歳の節目の時に10年後の自分や友達を想像して書いた手紙は30歳の彼女たちを励ますでしょう。

また、10年後の自分たちを思い描き文字にして残したことは、これから10年間の毎日の行動に意識的にも無意識的にも作用してくると思います。

この頃つくづく思うのです。タイムイズマネー、時間が人生そのものって。

20歳の誕生日に静かに一人で自分自身に向き合って、未来の自分や友達に夢や希望を託した記録を残せた時間は、これからの娘の成長にとってかけがえのない財産になるでしょう。

2件のコメント

  1.  娘さん、成人おめでとうございます。おばあちゃんの手作りの髪飾りを付けて、式に参加されるなんてなんて素敵なんでしょう!
     今年は仕事で成人式の受付しました。中学生を卒業して以来の子たちにたくさん会って、彼ら、彼女の5年のなんと大きいこと!!(大人の私は大した変化もありませんが。笑)きっと、娘さんも、5年いや、10年は私たちには一瞬のような時間でも、沢山の良い出会いや、別れや、喜びや、悲しみなどを体験していくのでしょうね。私の娘も2年後。思いを重ねてしまいます。
     申し遅れました。今年もどうぞよろしくお願いします。ninoさんの作品の数々で心の栄養を補給したいと思います。

    1. kotokotoさん

      ありがとうございます。祖父母、友達、沢山の方々に支えてもらって無事に成人となりました。ハレの日には手作りの髪飾りで華を添えてもらい幸せなことです。
      成人式の受付、素敵なお仕事ですね。ほんとに、私たちの5年前ってつい最近のことの様なのに、この年の子たちは中学生から大人へ見た目の成長だけでなく内面も様々に経験を積んでいて、変化が大きいですよね。成長が眩しいです。
      kotokotoさんのお嬢さんも2年後ですか。きっとこの年頃の10年間には、これまで以上に様々な経験をすると思いますが、どうか頑張って自分の歩みを進めていってほしいですね。
      kotokotoさんが気持ちを共有下さりお付き合いくださっていることが制作や子育ての励みになっています。こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です